やめて、せっけんを捨てないで!

やめて、せっけんを捨てないで!

何をすべきか、悪夢に変わった石鹸のバッチを保存する方法. 石鹸を再バッチ処理するための簡単なテクニック。これにより、完成した石鹸が以前よりも良くない場合でも、同じように良くなります。大量の石鹸を作るためのヒントとヒント。

すべての石鹸メーカーは、悪夢に変わった石鹸のバッチを経験しており、私のようであれば、一度ならず. 悪夢とは、フレグランスオイルを加えると突然オイルと灰汁が分離するまで、石鹸のバッチが美しく混ざり合っていることです。または、硬化すると上部全体に油または液体のポケットができる美しい石鹸のバッチ。ヤギのミルクとハチミツの石鹸はどうですか? バーにカットすると、全体に空洞のような「ハニーコーム」の長いストランドが見つかりました。

言及できることは他にもいくつかありますが、これらは私が訪れたフォーラムの主な災害のようです。

これらの問題のバッチは、すべての石鹸メーカーにいつか発生します. バッチを捨てて、それらの材料、時間、そしてもちろんお金を無駄にする必要はありません. 石鹸の各バッチは、石鹸メーカーにとって非常に高価であり、バッチを無駄にすることは、かなりの量の釣り銭を失うことを意味する可能性があります. 経済が成り立っている以上、無駄の余地はありません。

それでは、うまく混ざっている石鹸のバッチについて話しましょう。フレグランスオイルを加えるまではとても滑らかで美しいです。最初に数オンスのフレグランス オイルを加えても問題なかったのかもしれませんが、さらに 1 オンス加えると突然、混合物が油っぽくなり始めます。油が混合物の上部に上昇し始めているのがわかります。どんなに速くかき混ぜても、油と灰汁水が完全に分離するまで続きます。パニックモードについて話してください。これは対処するのが面倒です。

これが初めて私に起こったとき、私はストロベリーとシャンパンの香りの石鹸を作っていました. 香りが強く、仕事部屋が最高の香りでいっぱいになりました。フレグランスオイルの最後のオンスを除いてすべてを追加した.

成長する過程で、祖母と一緒に大量の石けんを作り、石けん作りに関する本をたくさん読みましたが、これまでこの問題に遭遇したことはありませんでした。私は何をするつもりでしたか?そのボウルには9ポンドの石鹸混合物があり、それを注ぐ余裕がありませんでした. 何をしても悪化することはなかったので、バッチを保存してみることにしました.

ストックポットを取り出し、バッチ全体をそれに注ぎました。次に、石鹸を約120度に加熱し、絶えずかき混ぜました. 次に、混合物をミキシングボウルに戻し、ミキサーを「かき混ぜ」ました。約5分後、マシュマロクリームのようになるまで、混合物は濃くなり始めました. 次に、この「マシュマロクリーム」を用意した石鹸の型に流し込み、ヘラで均一に広げます. 他の通常の石鹸のバッチと同じように、断熱のために型を発泡スチロールで覆い、冷やすために取っておきました.
If you liked this report and you would like to receive more info concerning 吉原ソープ  kindly stop by our own webpage.

翌日、石鹸のカバーを開けて棒状に切って硬化させました。石鹸は通常のバッチのように滑らかではなく、へらを使って濃厚な石鹸を広げた上部で渦巻いていました. 普通の石鹸と同じように、香りが強かったです。2週間硬化させてから、バーを使用しました. 少しゴツゴツしているように見えますが、何の苦労もしていない私の石鹸に引けを取らないほど良いものでした。

これは、新しいフレグランスを使用してから数回発生しましたが、再加熱して混合することで常にバッチを節約できます. 信じられないかもしれませんが、この同じフレグランス オイルでも同じことが起こりました。今、私は一度に非常に少量のストロベリーとシャンパンのフレグランスオイルを石鹸のバッチに加え、その間によく混ぜるようにしています. これは、ベイ ラムのフレグランス オイルでも起こりました。

次の悪夢は、きれいに見える石鹸のバッチで、うまく混ぜてなぞり、型にスムーズに注ぎますが、翌日に明らかになった後、石鹸の上部に油またはアルカリ水である可能性のある液体のポケットが形成されましたまたは、石けんがチョークのように脆く、棒状に切ると欠けることがあります。

これにはいくつかの理由が考えられます。灰汁水と油を混ぜ合わせたときに同じ温度ではなかったか、灰汁水を油に注ぐのが速すぎました。レシピに対して灰汁が多すぎます。フレグランスオイルの入れすぎなど

石鹸のバッチに油の問題があるか、乾燥しすぎて白っぽいかどうかにかかわらず、私は大きな調理鍋を使用して再バッチ化します. 私は石鹸を細かく切って、一度に石鹸全体を溶かすのに十分な大きさの調理鍋に入れます. 石けんが柔らかくなり、かき混ぜやすくなるまで鍋を高くしてから、低くします。時々石鹸をかき混ぜて、石鹸の塊を細かく砕くことが重要です。これにより、石鹸がより早く溶けます。

液体のポケットがある石鹸の場合は、石鹸を溶かすのに十分な量の水を追加します. 半分の水かもしれません。それは、再バッチ処理する石鹸のバッチのサイズに大きく依存します. 最善の判断を下さなければなりません。溶けた石鹸は濃厚である必要がありますが、すくったり、型に流し込んだりするのは比較的簡単です. 混合物が水っぽくて薄すぎると硬化しません。濃すぎると、石鹸が適切に溶けなかったり、型に流し込んだりして、まだ問題が発生します.

石鹸が乾いてチョーク状になったら、刻んだ石鹸が調理鍋で溶けているので、一度に1オンスの油と1カップの水を少しずつ加えます. 石鹸の塊を壊すために時々かき混ぜます。これにより、溶けるプロセスが助けられ、混合物にもう少し水が必要かどうかを判断できます. 上記のように石鹸が完全に溶けたら、用意した型に流し込み、新しいバッチの石鹸をかぶせるように覆います.

注: 石鹸が完全に滑らかになることはありません。溶けていない小さな石鹸が残ります。これは、完成した石けんに大理石の外観を追加するので問題ありません.

液体を追加して石鹸を固めるために、石鹸を型に数日間置いてから、型に入れておきます. これらの数日が経過したら、石鹸をバーに切り、約1週間硬化させます.

注:混合物がゆっくりと冷却され、ゲルプロセスが一晩で完了したコールドプレスではなく、クロックポットで調理されているため、これは本当にホットプレスされた石鹸です.

私が遭遇した最後の問題は、石鹸全体に「蜂蜜の櫛」のように見える空洞がある山羊乳と蜂蜜の石鹸です. 石鹸は少し油っぽいか乾いている可能性がありますが、それは両方の方法で起こりました.

これは、ヤギのミルクと蜂蜜の石鹸を作ってきたすべての年で、2回しか起こりませんでした.

上記と同じクロックポット法を使用します。石鹸が少し油っぽい場合は、牛乳と水の半分の液体を1カップ追加します. これも少しずつ石鹸に混ぜながら溶かしていきます。石鹸が乾燥している場合は、不足していた水分を提供するために、水と牛乳のカップに1オンスのオイルを追加します. 牛乳なので、鍋が温まるまで高温にしてから低温にします。数分ごとにかき混ぜて、石鹸が均一に溶けるようにし、石鹸を細かく刻むことができます. 石鹸が溶けたら、準備した型に混合物を注ぎ、しっかり固まるまで覆いをしません。繰り返しますが、これは一晩ではなく数日になる可能性があります。石けんは土鍋で溶かしながら硬化させますが、カットバーを1週間以上放置して水分を飛ばします。

上記の方法のいずれかで、必要に応じて、溶けた石鹸にフレグランスオイルをもう少し追加できます.

いくつかの役立つヒント:
-常にゆっくりと一定の流れをオイルに注ぐように、灰汁を追加します。灰汁水と油が完全に混ざるように、時間をかけてよくかき混ぜます。
・あらかじめ計量しておいたフレグランスやエッセンスオイルは、最初から少しずつ加えてください。これにより、フレグランスオイルが石鹸に完全に溶け込み、硬化した石鹸の匂いがどのようなものになるかを実感できます.
– ミキサーを取り外すか、石鹸がトレースして型に流れ始めたら、混合を停止します。石鹸がなぞり始めた後にかき混ぜるほど、石鹸がすぐに濃くなり、型に流し込むのが難しくなる可能性が高くなります.
-石鹸を作るのに必要なものがすべて手元にあることと、型が準備されてすぐに使えることを確認してください. 石鹸を混ぜている間にへらや材料を探したり、型を裏打ちしたりするのに時間を無駄にすると、石鹸が跡を残し始めたときに問題が発生する可能性があります.
-新しいフレグランスを使用する場合は、最初に小さなバッチを作成して、フレグランス オイルがレシピとどのように反応するか、完成したソープ バーがどのようにフレグランスを保持するかをテストします。
– スイート オレンジなどのエッセンス オイルは、石鹸の油っぽいバッチを作る傾向があり、数か月以内に使用しないと、香りが失われたり、香りが「悪臭」に変わったりする可能性があることに注意してください。すべての人がこれを行うわけではありませんが、発生する可能性があることに注意してください。
-一部の着色剤や粘土は、石鹸がなぞるのに時間がかかる場合がありますが、なぞり始めるまで混ぜておいてください。また、着色剤によっては、石鹸の上に濃い「灰」が形成される場合があります。これは、必要に応じてこすり落とすか、洗い流すことができます。

この記事がお役に立てば幸いです。石鹸のバッチが南に行ったときに、ゴミ箱の代わりになることを願っています.

ロイス・ヘンダーソン

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *